2008年5月31日よりAKB48チームK 4th Stage『最終ベルが鳴る』公演が始まりました。

梅田彩佳さんも復帰しての久々のチームK公演です。今回もゲネプロを見させていただいたときのセットリストより曲名を紹介いたします(私のブログがそういう役割を果たしているようなので^^;)


M01 「マンモス」
M02 「最終ベルが鳴る」
M03 「ボーイフレンドの作り方」
M04 「偉い人になりたくない」
----MC----
M05 「リターンマッチ」
M06 「初恋泥棒」
M07 「ごめんね ジュエル」
M08 「おしべとめしべと夜の蝶々」
M09 「16人姉妹の歌」
----MC----
M10 「Stand up」
M11 「Coolgirl」
M12 「回遊魚のキャパシティ」
----MC----
M13 「会いに行こう」
----ENCORE----
M14 「シャムネコ」
M15 「メロスの道」
----MC----
M16 「支え」


詳細はオフィシャルでの発表をお待ちください。

初めて見ると必ずびっくりするところがあります。
果たしてK 4thはK 3rdを超えているのか、果たしてB 3rdと比べてどうなのか。
新しくチームKに入ったメンバーはどういったポジションで活躍しているのか。
研究生はどういう形で出てくるのか。

ぜひともお楽しみに。





------------------------
個人的には
・ひまわり色がわりと強いかも
・ゲネのときには秋元才加さんがいなかったのですが、彼女がいないとチームK色がかなり薄れるかも
・小野恵令奈さんと奥真奈美さんが一緒に出ると相乗効果がある
・「最終ベルが鳴る」という言葉の意味を公演全体を通していろいろ考えさせられる
といった第一印象です。
ほかにもいろいろありますが、ファンのみなさんがひと通り見て落ち着いたときにでも。